Photoshopで人物や商品に影をつける簡単な方法!

Photoshopで人物や商品に影をつける簡単な方法!

こんにちは、トーモです。

今回はPhotoshopで人物や商品に影をつける簡単な方法をご紹介します。

影をつけるテクニックはWeb系のバナー画像や商品画像などを作成する際にとっても便利です。

ワンランク上の画像作成におすすめですので是非ご参考ください。

スポンサーリンク



 

Photoshopで人物に影をつける方法

今回はこちらの女性にPhotoshopで影をつけてみたいと思います。

Photoshopで影をつける女性の写真

1、人物を選択する

まずは影をつけたい人物を選択します。

選択する方法はパスやクイック選択ツールを使うのが良いでしょう。

※選択範囲は後でぼかしますので、それほど精密(髪の毛1本1本など)に選択しないでもOKです。

人物を選択する

 

2、選択範囲を複製する

選択した人物部分を別のレイヤーに複製します。

選択された状態で「Ctrl + J」を押すと簡単に複製することができます。

選択した人物部分を複製する

↑人物部分だけ複製されました(まわりは透明部分になっている状態です)

 

続いて複製したレイヤーをクリックしてアクティブにし、レイヤーのメニューから「レイヤーを複製」を選んでさらに複製します。

レイヤーをさらに複製する

複製が完了したら分かりやすいようにレイヤーに名前をつけましょう。

上のレイヤーに「影」、下のレイヤーに「人物」とつけました。(名前はなんでもOK)

レイヤーに名前をつける

 

3、複製したレイヤーから影をつくる

一番上の「影」レイヤーをクリックしてアクティブにし、メニューバーから「選択範囲」→「選択範囲を読み込む」を選びます。

選択範囲を読み込むを選ぶ

影レイヤーの人物部分が選択された状態になりますので、メニューバーから「編集」→「塗りつぶし」を選びます。

塗りつぶしを選ぶ

塗りつぶしのダイアログが開きますので、内容を「ブラック」、不透明度を「100%」に設定してOKを押します。

塗りつぶしダイアログを設定する

すると選択した人物部分がブラックに塗りつぶされます。

人物部分がブラックに塗りつぶされる

ここで選択範囲を解除しておきます。

次にメニューバーから「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選びます。

ぼかし(ガウス)を選ぶ

ぼかし(ガウス)のダイアログが開きますので、半径に数値を入力します。

今回は「30pixel」にしました。

ぼかし(ガウス)のダイアログに入力

同じ数値でも画像サイズによってボケ具合が変わりますので、プレビューにチェックを入れて確認しながら調整しましょう。

これで影の部分は出来上がりました。

出来上がった影の部分

 

4、影を人物の背後に移動させて仕上げる

一番上にある影のレイヤーを人物のレイヤーの下に移動します。

 

影のレイヤーを選択した状態で、移動ツールを使って影を右下へ少しずらすように移動します。

影をずらすように移動する

このままですと影が強く出すぎてしまっているため、影のレイヤーの不透明度を下げます。

影のレイヤーの不透明度を下げる

今回は「30%」まで下げてみました。

完成です!

人物に影をつける完成

 

ちなみに以下のポイントを変更することで影の強さを調整することができます。

影の濃さ → 不透明度で調整

ぼかし具合 → ぼかし(ガウス)の数値を調整

影の位置 → 影の位置を変える(人物に近づけたり離したり)

 

↓こちらは影の濃さを強く、ぼかしを少なくして位置も人物に近づけています。印象が変わりますね。

影を強くしてみた状態

また、今回は影をつくる際にブラックで塗りつぶしましたが、他の色で塗りつぶすことで影の色を変えることも可能です。

バナー画像などでちょっとインパクトをつけたい場合に使えると思います。

影の色を変えてみる

 

Photoshopで商品に影をつける方法

次にPhotoshopで商品に影をつける方法をご紹介します。

影をつけるのはこちらのスマホの写真です。

Photoshopで商品に影をつける

1、影の部分を作成する

先ほどの人物の時と方法は同じです。詳しくは上記をご確認ください。

影の部分の作成が完了しました。

影の部分を作成する

 

2、影を変形させて影が伸びているようにする

次に影のレイヤーを商品レイヤーの下に移動させます。

影のレイヤーを商品レイヤーの下に移動

 

続いて影の形を変えていきます。

メニューバーの「編集」→「変形」→「自由な形に」を選びます。

自由な形にを選ぶ

影の形を自由に変更できるようになりますので、下の画像のように商品の影が伸びている感じに変形させます。

影のかたちを変形させる

商品の下の部分にも影が出るように、少し下に移動させます。

下に移動させる

 

影の部分をぼかします。メニューバーから「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選びます。

ほどよい感じになる数値を入力してぼかします。詳しくは上記の人物に影をつける方法を。

影をぼかす

最後に影のレイヤーの不透明度を下げて影の濃さを自然な感じに調整します。

完成です!

完成

 

ちなみに商品にも明暗をつけてあげるとよりリアルに表現することができます。

 

トーンカーブで商品全体をある程度暗くします。

レイヤーパネルのメニューからクリッピングマスクをかけることで直下にある商品レイヤーにのみ効果を適用させることができます。(でないと影まで暗くなってしまいます)

トーンカーブで暗くする

次にトーンカーブのレイヤーマスクをクリックしてアクティブにします。

レイヤーマスクを選択する

ツールパネルの描画色を「黒」にした状態でブラシツールでなぞるとその部分だけ明るくなっていきます。(トーンカーブが適用されなくなるため)

明るくしたい部分をブラシでなぞる

こんな感じです。

完成

背景などつけるとまた違う印象になったりします。

背景をつける

 

まとめ

Photoshopで人物や商品に影をつける簡単な方法についてご紹介しました。

今回は白背景でしたけど、背景がある画像でも同じ方法でOKの場合が多いですので試してみてください。

慣れれば短時間でできますし、画像の印象のグッと変わりますのでおすすめです!

 

今日はこのへんで。

それではまた!

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、妻と二人暮らしの40歳です。Photoshopで写真レタッチの仕事をメインに、3つのネットショップ運営とホームページ制作を請け負っています。 在宅で副業するならPhotoshopのスキルを習得するのが一番の近道です! 手に職をつけて「自分で稼ぐ力」を身につけましょう!そのノウハウをゼロからお教えします。