Photoshopの「新規作成」と「開く」は何が違うの?作業内容で使い分けよう!

Photoshopの「新規作成」と「開く」は何が違うの?作業内容で使い分けよう!

Photoshopは起動しただけでは作業を始めることさえできないので、いきなり初心者の方にとっては「何したらいいの?」状態に陥りがちです。

そこで何かの作業を始めるときにまずおこなうのが「新規作成」か「開く」というコマンドです。

ほとんどの場合このどちらかを選んで作業開始するのですが、それぞれ作業内容によって使い分けます。

男性の吹き出し

はじめてPhotoshopを使うけど「新規作成」と「開く」どっちを選べばいいの?

まずここでつまずく人が多いです。

結論からいうと次のように作業内容にあわせて使い分けます。

  • 「新規作成」・・ゼロの状態から何かを作成するとき。
  • 「開く」・・写真やイラストなどのデータを使って作業するとき。

今回は「新規作成」と「開く」について基本的な使い方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク



Photoshopの「新規作成」とは?特徴と作り方について

まずは「新規作成」について。

新規作成はPhotoshop上に真っ白なカンバス(ドキュメント)をつくることができます。たとえば現実で絵を描くときも真っ白な紙を用意しますよね?そんなイメージです。

Photoshopで開いたドキュメント

↑Photoshopの新規作成でつくったドキュメント。ここに文字やイラストなどを描いたりして制作していきます。

Photoshopの「新規作成」はゼロから何かをつくりたい時に使いましょう。

では次に「新規作成」のやり方について紹介します。

まず左上のメニューバーから「ファイル」→「新規」を選びます。

ファイルから新規を選ぶ

すると新規ドキュメントのダイアログが開きますので、右側の項目に任意の情報を入力すればOKです。

新規ドキュメントのダイアログ

詳しい作成方法についてはこちらの記事をご参考ください。

ちなみに上で紹介したダイアログはPhotoshop cc 2018から新しくなった新規ドキュメントの設定画面です。

従来のほうが使いやすいという方も多いので、従来の画面に戻す方法を紹介します。

メニューバーの「編集」→「環境設定」→「一般」を選びます。

 

環境設定から一般を選ぶ

環境設定の画面が開きますので『従来の「新規ドキュメント」インターフェースを使用』にチェックをいれてOKを押します。

 

チェックをいれる

すると新規作成時には従来の設定画面が出てくるようになります。

 

従来の新規ドキュメント設定画面

昔のバージョンから使っている人にはこちらのほうが使いやすいでしょう。お好みでお選びください。

Photoshopの「新規作成」は自分の好きなサイズ(幅・高さ・解像度)で作業を始めることができるのが特徴です。

Photoshopの「開く」とは?特徴と開き方について

続いて「開く」をみていきましょう。

「開く」というのは写真やデータなどすでにあるものを使ってPhotoshop上で作業したいときに使います。

新規作成はゼロから作業するものでしたので、ここが大きな違いです。

Photoshopでひまわりの写真を開く

↑Photoshopの「開く」でひまわりの写真データを開いた様子。

「開く」には設定画面はありません。開いたデータのサイズなどがそのまま開かれるからです。※後から変更することは可能。

ここからひまわりの写真を明るくしたり、一部分を切り抜いたりなど行いたい作業に入っていきます。

画像の開き方についてみていきましょう。

メニューバーの「ファイル」→「開く」を選びます。

メニューバーのファイルから開くを選ぶ

開きたいファイルを選ぶ画面が出ますので、そこからファイルを選んで「開く」を押せばOKです。

開きたいファイルを選ぶ

またはファイルのアイコンをPhotoshop上にドラッグするだけでも開くことができます。

ファイルをドラッグして開く

このように「開く」はすでにあるデータをPhotoshop上でそのまま開きたいときに使います。

Photoshopでは「新規作成」してから使いたい画像を「開いて」作業することが多い

「新規作成」と「開く」の違いについて紹介しました。作業内容にあわせて使い分けますが、どちらか1つしか使えないわけではありません。

むしろ両方つかって作業を進めていくことも多いです。

仮にバナー画像をつくりたいとしましょう。

まず「新規作成」でつくりたい画像サイズのドキュメントを開きます。幅700ピクセル・高さ300ピクセルにしてみました。つくりたい画像の大きさが指定できるのが「新規作成」のメリットです。

バナー画像のための新規ドキュメントをつくる

次に「開く」でさきほどのひまわりの画像を開きます。

開いたひまわりの画像をドラッグして新規ドキュメントに移動します。

新規ドキュメントにひまわりの画像を移動する

↑すると新規ドキュメントの中にひまわりの画像を配置することができました。

ここから色んな加工・作業をして作成したいものをつくりあげていきます。

夕焼けに染まるひまわり
「新規作成」で作りたいサイズのドキュメントを作成し、「開く」で写真やイラストなどのデータを開いてドキュメントに移動させていく。

このように組み合わせて作業をしていくことが多いです。

まずは自分が何をつくりたいのか?を決めて、それに必要なほうを選んで使っていきましょう。

今日はこのへんで。

それではまた!

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、妻と二人暮らしの40歳です。Photoshopで写真レタッチの仕事をメインに、3つのネットショップ運営とホームページ制作を請け負っています。 在宅で副業するならPhotoshopのスキルを習得するのが一番の近道です! 手に職をつけて「自分で稼ぐ力」を身につけましょう!そのノウハウをゼロからお教えします。