ネットショップ・バナー画像の便利な境界線の付け方【作った後も修正可能!】

ネットショップ・バナー画像の便利な境界線の付け方【作った後も修正可能!】

ネットショップ商品のバナー画像をつくっていると必ずと言っていいほど使うのが境界線。

バナー画像のまわりを囲むあの線です。

境界線をつけるのにレイヤースタイルという機能からおこなう方も多いと思います。その時どうやって境界線をつけてますか?

すべてのレイヤーを統合して最後につけます?

でもそれだとバナー画像の内容をあとから修正できなくなったうんですよね・・。

というわけで今回は境界線をつけた後でも修正できちゃう便利なつけ方を紹介します。こんな方には役立つかなと。

  • 境界線をつけた後は内容の修正ができなくなる人(レイヤーを統合しちゃう)
  • そもそもバナー画像の境界線のつけ方がわからない

やり方はとってもシンプルですのでぜひ参考にしてみてください。ちなみにネットショップのバナー画像に限らず、ブログのアイキャッチやサムネイル画像にも使えますよ。

それでは手順をみていきましょう!

スポンサーリンク



ネットショップのバナー画像の境界線って何?

ネットショップのバナー画像の境界線ってなに?

バナー画像の境界線というのは上の画像のまわりを囲っている「線」のことです。よくネットショップのバナー画像などについてますよね?

この線をつけることで「これは画像ですよ!」というのが伝わり、クリックなどのアクションをしてもらいやすくなります。

もちろん必ずつけなきゃダメってわけじゃないです。楽天のショップさんはけっこう使ってますけど、逆にアマゾンは少ないかなと。

便利な境界線のつけ方の手順

では手順をみていきましょう。

まずは境界線をつけたいバナー画像を開きます。今回はバナーのコンテンツが作成済のデータを使いますが、バナー作成の最初の段階で境界線をつけてしまってもOKです。

境界線をつけたいバナー画像を開く

ちなみにレイヤー構成はこんな感じになっています。

バナー画像のレイヤー構成

この状態で保存しておけば何度でも修正できるわけですが、レイヤースタイルで全体に境界線をつけるにはレイヤーを統合しなくてはならないため、後から修正ができなくなってしまいます・・。

どういうことかというと下の画像のとおりです。レイヤーを統合して境界線をつけてみました。

レイヤーを統合してから境界線をつけた場合

画像の全体に境界線をつけることはできましたが、1つのレイヤーに統合しちゃってるのでもう内容がいじれない状態になっちゃってます。

今回紹介する方法ならレイヤーを統合しないで境界線をつけることができます。

バナー画像の四辺にガイドを引く

バナー画像の四辺にガイドを引きます。

バナー画像の四辺にガイドを引く

ガイドは「上と左に表示されている定規の部分」からドラッグすれば引くことができます。

メニューバーの「表示」から「スナップ」にチェックを入れた状態でレイヤーパネルの背景画像を選択しておけば、ちょうど四辺でガイドが止まってくれるので簡単に引けます。

スナップにチェックを入れておく

ガイドに沿って長方形ツールで透明のシェイプをつくる

ツールバーから長方形ツールを選択します。

ツールバーから長方形ツールを選択する

先ほど引いたガイドに合わせて長方形のシェイプをつくります。

長方形のシェイプをつくる

シェイプの属性パネルから「塗り」と「線」どちらも非表示にします。(下の画像の状態)

塗りと線どちらも非表示にする

すると見た目には長方形のシェイプは消えていますが、見えないシェイプが存在している状態になります。このとき長方形シェイプのレイヤーは一番上に移動しておきます。

長方形のシェイプレイヤーを一番上に移動しておく

長方形のシェイプに境界線(内側)を作成して完成

先ほどつくった長方形のシェイプレイヤーを選択した状態でレイヤーパネル下部にあるレイヤースタイルの追加から境界線を選びます。

長方形シェイプに境界線をつける

境界線は必ず「内側」を選んで下さい。「外側」にすると画像外に境界線ができてしまいます。

境界線は内側を選択する

これでバナー画像の四辺に境界線がついた状態になります!

四辺に境界線がつきました!

ちなみにレイヤーパネルの状態をみてみるとこんな感じです。

完成した状態のレイヤーパネル

レイヤーが統合されていないのでバナー画像の内容をいつでも修正することができます。またこの方法なら境界線の太さや色などもいつでも修正可能なのがメリットです。

透明の長方形に境界線をつけた状態です。レイヤーパネルの一番上に置いておけば、下に何を追加しても境界線が必ず上にくることになります。

境界線をつけるもう1つの簡単な方法

もう1つさらに簡単な方法があります。この方法は境界線をあとから修正することはできませんがあっという間にできます。手順は下記のとおりです。

1、バナー画像の各レイヤーの一番上に「新規レイヤー」を作成します。

2、メニューバーの「選択範囲」→「すべてを選択(Ctrl+A)」から全体を選択します。

3、メニューバーの「編集」→「境界線を描く」から境界線の幅とカラーを選んで完了です。

早さでいえばこちらの方法のほうがいいでしょう。ただあとから境界線の編集ができないため僕はあまり使っていません。

まとめ

ネットショップのバナー画像に境界線をつける便利な方法を紹介しました。

僕も普段からネットショップ用のバナー画像をつくるので分かりますが、けっこう同じサイズのバナー画像を商品ごとに作ったりとか多いですよね。

長方形シェイプの境界線だけ残しておけば他の画像に使いまわすこともできますよ。

何よりあとから修正できますのでめちゃめちゃ便利です。ぜひ試してみて下さい。

今日はこのへんで。

それではまた!

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、妻と二人暮らしの40歳です。Photoshopで写真レタッチの仕事をメインに、3つのネットショップ運営とホームページ制作を請け負っています。 在宅で副業するならPhotoshopのスキルを習得するのが一番の近道です! 手に職をつけて「自分で稼ぐ力」を身につけましょう!そのノウハウをゼロからお教えします。