【2017年10月版】 グーグルアドセンスの審査にたった10記事で合格した方法!

【2017年10月版】 グーグルアドセンスの審査にたった10記事で合格した方法!

こんにちは、トーモです。

2017年9月22日に初投稿したこのブログですが、それからちょうど1ヶ月後の10月23日にグーグルアドセンスの審査に申請しました。

そして3日後の10月26日にめでたく合格のお知らせがきました。

申請前には色々なサイトをみて下調べをしたのですが、調べるとすぐに分かった驚愕の事実!

「グーグルアドセンスの審査は2016年からとても厳しくなり、何回申請しても合格しない人も多い」

(; ・`ω・´)ナン…ダト!?

2016年以前は無料ブログでも申請すればガンガン合格していたみたいですが、審査が厳しくなってからは独自ドメインの取得が必須だったり、しっかり記事数を書いていても不合格になったり、審査内容が公表されていないこともあるので、一度ハマるとかなりの労力が必要になるとのこと。

「早く言ってよ~」って正直思いましたが(←その頃ブログなんて書く気が全くなかったクセに)、ちょっとショックでした(;^_^A

グーグルアドセンスの審査については全くの知識ゼロだったため、調べると出るわ出るわの合格するための情報。

「記事数は最低でも30記事は必要」

「画像は貼ってはいけない」

「フォローボタンやシェアボタンは貼らない」

「PV(ページビュー)がある程度ないといけない」

などなど。

先ほども書いたように審査内容が公表されていないので、何が正解かは実際のところ誰にも分からず、なので合格のための情報がネット上に溢れかえっている状況です。

僕は申請する前に1週間くらい必死になってグーグルアドセンスの審査を通る情報を集めまくりました。ええ、それはもう勉強しました。その結果・・

 

疲れました(笑)

 

だって、ホントかウソか分からない情報も多く、古い情報まで入り混じって、最新の有益な情報を探すだけでもヘトヘトです。

そして、「もういいやー、とりあえず一回申請してみよう」ってちょっとダメ元で出したら通ったのです。10記事で。

そんな僕が調べた時に一番役に立った情報があります。

それは、申請した時点でのブログの状態です。何記事あったのか? 画像は? 文字数は?などなど。それも最新のやつで。

結局、一番参考になる情報は「実際にどんな状態で申請して受かったのか」ということです。

それを紹介しているブログをいくつも見比べていき、自分のブログも同じ状態に近づける作業をしました。

おかげさまで僕のブログも合格できましたので、恩返しではないですけど、今度は申請時の僕のブログの状態を紹介したいと思います。

これからグーグルアドセンスの審査に申請しようとする人に少しでも役立ててもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク



グーグルアドセンスの審査に合格するためのサイト探しの注意点

僕もそうでしたが、審査に申請する前に色々なサイトを探して勉強しますよね?

その際に注意点がありますので、最初にご紹介します。これは他のブログですでにたくさん言及されていることではありますが、重要なことなのでまだ見ていない方はご参考ください。

審査に合格するための情報を紹介しているブログはたくさんありますが、参考にするのは最新のブログだけにしましょう。もしくは最終更新日が最近のものです。

その理由は、グーグルアドセンスの審査は2016年からとても厳しくなりました。そのため2016年以前の情報はもう役に立たない可能性が高いです。また、2017年7月からそれまでの一次審査、二次審査の形式が変わり、1回の審査のみで合否となりました。そのため、まだ一次審査、二次審査に分けて紹介しているブログも情報が古いです。

また、グーグルアドセンスの審査内容は非公表ですが、日にちとともに審査基準なども見直されている可能性があります。

以上の理由から、古い情報で不十分なまま審査に出すことを避けるためにも、できるだけ最新の情報を集めるようにしましょう。

グーグルアドセンスの審査に合格した時のブログの状態

まずは2017年10月申請時の僕のブログの状態をご紹介します。この内容で審査に合格したというのは確定内容ですので、これから申請しようとする方はぜひ参考にしてください。

■ブログサービス・・・WordPress

■WordPressのテーマ・・・ハミングバード

■記事数・・・10記事(申請後に1記事追加)

■記事毎の文字数・・・記事1(2313文字)、記事2(3389文字)、記事3(3908文字)、記事4(5136文字)、記事5(659文字)、記事6(3187文字)、記事7(2272文字)、記事8(2440文字)、記事9(2653文字)、記事10(1486文字)

■固定ページ・・・4ページ

■カテゴリ数・・・5つ

■画像の使用・・・あり

■内部リンク・外部リンク・・・あり

■グーグルアナリティクス・・・設置

■Google Search Console・・・未登録

■PV数・・・1日30pv程度

こんな感じです。

では、巷に溢れる情報と比べて気になった部分をみていきましょう。ここからは僕の「私見」ですので、あくまでも参考として読んで下さい。

WordPressの利用とテーマについて

まず僕のブログはWordPressを利用していてテーマに「ハミングバード」を使っています。WordPress自体が審査に有利になるということではありませんが、見やすいデザインとユーザビリティ(使いやすさ)を備えた有料テーマの「ハミングバード」を使用している点は良い影響があると思います。

というのも、グーグルはユーザビリティを重要視していますので、それが備わっているテーマを使用することはプラスになると思います。その上でグローバルナビゲーションとフッターメニューを設置しました。

とにかくブログを読みにきてくれる人が使いやすいかどうかを意識しましょう。これはグーグルアドセンスの審査とか関係無しに重要なことです。その結果、グーグルも「使いやすいブログ=良質なブログ」と認識してくれるはずです。

記事数と文字数について

僕が申請前に調べていてよく目についたのが、記事数は30記事以上必要と書いてあるサイトでした。20記事未満で申請して落ちたけど、30記事を超えたら合格した、などなど。

僕は10記事で合格したので、これははっきり言って関係ないと思います。30記事超えて再トライで合格したというは、恐らく別の改善点が功を奏したのかと。

逆にコンテンツの薄い記事を多数アップしたとしても評価されるとは思えません。それならユーザーが喜んでくれたり役立ててくれる有益な情報をガッツリ書いた10記事のほうが確実に評価に繋がると思います。

また、良質な内容で30記事も書くにはかなりの日数がかかりますよね?

グーグルアドセンスの審査のような、こういった類の審査というのは厳しくなることはあっても逆に易しくなるということはありません。あまり日数をかけてから審査に出すよりは、今の審査基準が変わらないうちに申請するほうがおススメです。

文字数については、僕の場合はけっこうな文字数を書いていました。ただ、何文字以上必要ということはないと思います。あくまでもユーザーに有益な情報を書くことが一番大切です。だって有益な情報を惜しみなく書けば、自然と1,000文字以上にはなってきますので。

固定ページについて

固定ページは4つ、「プロフィール(運営者情報)」、「初めての方へこのブログの読み方」、「お問い合わせフォーム」、「プライバシーポリシー」をアップしました。この中で運営者情報お問い合わせフォームプライバシーポリシーは必須だと思います。

カテゴリ数について

カテゴリ数は5つです。そのうち3つのカテゴリーで記事がひとつだけでした。「カテゴリー内の記事数を充実させたほうが良い」という情報もみかけましたが、これも関係ないと思います。ただし、カテゴリーだけつくって記事をひとつも書いていないのは避けたほうが良いです。アクセスしても「記事がありません!」と出てしまうのはユーザビリティが良いとは言えないからです。

画像の使用について

これもよく見た情報ですが、「画像は貼らないほうが良い」と書いてあるブログがけっこう多く出てきました。これは断言しますがあり得ません。画像は文字と並んでブログを構成する重要な要素です。適度に画像が挿入されている方が読者も読みやすくなります。

きっと著作権が不明の画像は貼らないほうが良いという意味なのでしょう。これは当然です。僕のブログも自分で撮影した画像か、フリーの画像サイトからお借りしたものだけを使用しています。

ここで注意なのですが、「写真 フリー」や「画像 無料」などで画像検索に出てきたものはフリーではない可能性がありますので使用しないで下さい。あくまでもフリー写真の配布サイトを直接訪れて利用規約を確認した上で使用するようにしましょう。

内部リンク・外部リンクについて

これは正直必要かどうか分かりません。僕の10記事程度ではリンクの数もたかが知れているので、プラスに働いたか判断が難しいです。ユーザビリティを高めるための適切なリンクならマイナスに働くことは無いと思います。

グーグルアナリティクス・Google Search Consoleの設置について

グーグルアナリティクスは設置していました。Google Search Consoleについては未登録です。

PV数について

PV数は1日30PV程度でした。まあゼロみたいなものです(笑)。WordPressでの立ち上げでSNSなど全くやっていないので当然といえば当然です。ある程度のPV数はあったほうが良いという情報もありますが、全く関係ないと思います。

それよりも将来性といいますか、ブログ自体が使いやすい設計(ユーザーが迷わないつくり)になっていて、扱うテーマやカテゴリーがユーザーに有益であるということが審査した人に伝わるようなコンテンツであれば、現状のPV数は関係ないです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕がグーグルアドセンスの審査に合格した際のブログの状態は、きっと参考にして頂けると思います。

ただ、僕と同じ状態ではなくてはダメっていうことではないです。それに満たなくても合格している人もいます。グーグルが審査基準を公表していない以上は、複数の合格内容を見比べることが重要です。そして足りないところを補っていきましょう。

そのまえにグーグルが定めるAdSense プログラム ポリシーには必ず目を通してください。グーグルはアドバイスを運用していく上でこのポリシーは遵守してくださいと明記しています。このポリシーに抵触していたら元も子もありません。

一番大切なことは、ブログを訪れてくれたユーザーにとって有益かどうかという点です。審査に通るのを一番の目的にするのではなく、どうしたらユーザーが喜んでくれるのか、使いやすいのかを一番に考えて作成すれば、自然と合格レベルに達すると思います。これはSEOにも言えることですが・・。

あなたの合格をお祈りしています!

それではまた!

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、妻と二人暮らしの40歳です。Photoshopで写真レタッチの仕事をメインに、3つのネットショップ運営とホームページ制作を請け負っています。 在宅で副業するならPhotoshopのスキルを習得するのが一番の近道です! 手に職をつけて「自分で稼ぐ力」を身につけましょう!そのノウハウをゼロからお教えします。