なぜ子供の頃からお金の勉強をしないのか?

なぜ子供の頃からお金の勉強をしないのか?

こんにちは、トーモです。

博報堂生活総合研究所が(小4~中2)の子供を対象におこなった調査によると、「毎月決まった金額のお小遣いをもらっている」子供が半数を下回ったそうです。

ある子供は「欲しいものはおじいちゃん、おばあちゃんが買ってくれる」と答えたそうで、特にお小遣いをもらわなくても困らないそうです。

僕が子供の頃もおじいちゃんやおばあちゃんにねだった事はたくさんありましたけどね、今は少子化のため一人の子供に両親・双方の祖父母の6個の財布からお金が注がれる「シックスポケット」なんて言葉もあるそうです。

たぶん僕が子供の頃よりも注がれる額や回数が違うんでしょうね。

それ以外の理由としても、今の子供はスマホやタブレットなどから無料で楽しめるコンテンツを手に入れることができるので、あんまりお金が必要じゃないそうです。

多くのネットサービスは入り口を無料にしてある程度から先は課金が必要ってパターンが多いですからね。YouTubeならずっと無料で楽しめますし、漫画や音楽も無料で楽しめることも多いです。

でも、そんな子供たちがいっせいに大人になったらどうなっていくのかな?ってちょっと思いました。

スポンサーリンク



今思うと子供の頃にお金の勉強があれば良かったなと

毎月決まった額のお小遣いをもらうことは、子供にとってお金のやり繰りを覚える良い機会だとは思います。

お金は使えば無くなるんだってことを実感できますし、何か欲しいものがあればお金が貯まるまで我慢しなきゃいけないことも分かります。

それはそれでもちろん大切なことだと思うんですが、それだけでは不十分じゃないかなと。

それって「お金を貰う」ってことと「お金を消費する」ってことは経験できますが、お金ってそれだけじゃないですよね?

この年になって実感するのは「お金を稼ぐ」ってことと「お金を投資する」ってこと。

投資っていうと株や為替が思い浮かぶかもしれませんが、お金を作るために使うことも投資です。自分へだったり環境へだったり。

残念ながらこの2つのことを僕が子供の頃に教えてくれる人はいませんでした。つまりお金の増やし方です。

お金を得るには大きく分けると「お金を貰う(給料)」か「お金を稼ぐ(ビジネス)」の二通りです。

ほとんどの人は子供の頃に「お金を貰う」ことしかしてこなかったため、いざ大人になった時に選択肢がそれしかなくなっちゃうのは当然です。僕もそう。

今では自分でビジネスをおこなっているので、どうしたらお金を稼げるのかってことにフォーカスして日々考えていますが、自分でビジネスをしていなければそんなこと考えなかったでしょう。

僕はたまたま20代の時に親や親友が身近で独立していたのを見ていたおかげで、自分で稼ぐという選択肢が浮かんできただけです。運が良かっただけだと思います。

そういえば子供の頃にお金に関してひとつだけ覚えていることがあります。

図書館に「ズッコケ三人組」という小説だったと思いますがこのシリーズが大好きでよく読んでいました。

そのなかで、お金を稼ぐ内容のものがありました。ほとんど記憶がうろ覚えなんですが、確か主人公の子供三人組が海で釣りをしている大人におにぎりなどのお弁当を売ってお金を稼ぐみたいなものだったかなと。

売値や原価、利益などけっこう細かく描かれていて、子供ながらに主人公たちがどんどんお金を増やしていくことにワクワクした記憶があります。

覚えているのはこれだけですw

うーん題名は思い出せない(;^_^A 探してみようかな。

でもいまだにそこだけ覚えているのは、小学生でもお金を稼げるっていうことが新鮮でインパクトが強かったからです。

今思うと、「お金を稼ぐことは楽しい」、「じゃあお金を稼ぐにはこんなやり方があるよ」っていうことをもっと教えてもらいたかったなと思います。

例えば子供の時にサッカー選手になりたいって思ったら、サッカーを教えてくれる大人は身近にいます。技術が秀でていれば中学や高校から推薦がもらえて、そこからは大人の方からサッカー選手になる道筋を与えてくれます。もちろんなれる人は一握りですが。

じゃあ子供の時に将来起業したいって思ったらどうでしょう?

教えてくれる人は身近にいませんし、そもそもお金を稼ぐ楽しさややり方も知らないので起業したいって思うこと自体ないんじゃないでしょうか。

何でも最近ではユーチューバーになりたいそうですがw

でもこれってそれだけYouTubeが身近にあるからですよね。

もっと子供の頃から「お金を稼ぐ」ということに関して身近であっても良いのではないかと思います。

まとめ

お金について話したり教わったりっていうのは、どこか後ろめたいといいますか、声を大にしていえない雰囲気があると思います。

でもそれって子供の頃にきちんとお金について考えたり教わったりしなかったのが大きくて、ホントはワクワクすることなんだということが当たり前であったならまた違ってくると思います。

冒頭でも書きましたが、今の子供はお小遣いをもらうことさえ少なくなっていっているそうです。

これが欲しい!って思う機会が減っていて、どうしても欲しいものがあれば買ってもらえるからです。

どんどんお金から遠ざかっているような印象です。

とはいえ、大人になって自立すれば否応なしにお金が必要になってきます。その時に色んな選択肢が見つけられるのだろうか?ってちょっと思ってしまいました。

今日はこのへんで。

それではまた!

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、妻と二人暮らしの40歳です。Photoshopで写真レタッチの仕事をメインに、3つのネットショップ運営とホームページ制作を請け負っています。 在宅で副業するならPhotoshopのスキルを習得するのが一番の近道です! 手に職をつけて「自分で稼ぐ力」を身につけましょう!そのノウハウをゼロからお教えします。