「あさイチ」特集のプロに頼めば3万円のイラストが2500円でコストダウンについて考える

「あさイチ」特集のプロに頼めば3万円のイラストが2500円でコストダウンについて考える

こんにちは、トーモです。

11月20日に放送されたNHK「あさイチ」の特集が話題になっています。

個人のスキルを売り買いできるサービスを紹介した中で、ある薬局の店主がイラストが得意な主婦に似顔絵を依頼したところ、

過去にプロのイラストレーターに頼んだ時は3万円したのに、今回は2,500円で満足のいくものができあがり大幅にコストダウンに成功したと紹介されました。

これに関してネット上では否定的な意見が多くあがりました。

その多くは業界の価格破壊に繋がることを危惧するものです。

今回はこのことについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク



スキルシェアサービスは業界の価格破壊に繋がるのか?

僕は率直に考えて、個人が簡単に自分のスキルを売り買いできるスキルシェアサービスの影響により、業界の価格への影響は避けられないと思います。

キャリコネニュースによると、

事実今年7月、日本イラストレーター協会が「イラスト相場価格」の一覧を公表した際、キャリコネニュースの取材に対し、アマチュア作家が低価格で請け負うことでプロの市場価格下落を誘発している現状を明かしていた。このような流れを踏まえると、価格崩壊への懸念が出るのも当然だろう。

現状としても市場価格の下落をすでに誘発しているそうです。

ただ、こういった例はイラスト業界に限らず、すでに様々な分野において起こっていることです。

ネットの普及によって既存のサービスが大きな影響を受けるパターンみたいな。

例えば、Web媒体や紙媒体で写真を使いたい場合、昔は写真素材を1点1万円以上出して購入するのは当たり前でした。ですが今はピクスタフォトリアなどのストックフォトサービスが充実していてクオリティの高い写真が安価で購入できるようになりました。フリーの素材でさえクオリティは驚くほど高くなっています。

また、印刷などもプリントパックなどのネット印刷が台頭したことにより町の印刷屋さんは大きな影響を受けています。

僕もある商材でネットショップを運営していますが、ネットオークションが盛んになるにつれて同じ商材が破格の値段で取引されるようになり、業界全体の価格が10年でものすごく下落しています。

挙げていけばきりがないですが、多くの業界・分野でこのような状況というのは起こっています。

それが今回はスキルシェアサービスの普及によって、イラストなどの業界にその波が押し寄せてきたんだと思います。

時代の波と一言では片づけたくないですが、この流れを止めるということは難しいでしょう。

適正価格について考える

こういった問題の多くは「本業としてやっている人 VS 趣味(本業じゃない)の範囲でやっている人」という図式なんじゃないかと思います。

本業でやっている人は必要経費が多くかかるため売り上げを確保する必要があり、極端な価格破壊は自身の存続問題にかかわってきます。

逆に趣味の範囲でやっている人は、自分が楽しみながら少しでもお金になればOKという人が多いため、そもそも価格についての考えが違い過ぎて勝負になりません。

そんな中で一番怖いのが、安価が当たり前になっていくことです。

ネット通販の送料が良い例でしょう。

アマゾンの送料無料は画期的なサービスですが、そのおかげでネット通販は商品が無料で届くのが当たり前という感覚が拡がってしまったように思います。

そのシワ寄せが配送サービスであるヤマト運輸などに押し寄せて、ようやく最近ヤマト運輸の値上げ問題により送料は無料じゃないんだよって声が上がり始めました。

やっぱり物事には適正価格ってあると思うんですよね。

個人でスキルを販売する場合でも、クオリティがプロ並みなのであればそれなりの価格で提供していくべきです。

といっても「ココナラ」で3万円のイラストが売れるか?っていったら難しいところなんですが・・。

そのあたりはスキルシェアサービスを運営する企業も何らかのシステムをつくっても良いんじゃないかと思います。

まとめ

スキルシェアサービスなどによる個人の台頭により、業界価格への影響は少なからずあるでしょう。

でも単純に全てがマイナスなのかといったらそうではないと思います。

スキルシェアサービスは気軽に依頼できるという点で、それまでイラスト作成の依頼をしてこなかった人々を取り込んでいるわけです。

そういった人の中にはもっとクオリティの高いものを作って欲しいと感じる人だっているはずです。

市場規模が大きくなるというメリットもありますので、そういった人たちを取り込む工夫や、差別化をしていくことでプラスにしていくこともできると思います。

今日はこのへんで。

それではまた!

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、妻と二人暮らしの40歳です。Photoshopで写真レタッチの仕事をメインに、3つのネットショップ運営とホームページ制作を請け負っています。 在宅で副業するならPhotoshopのスキルを習得するのが一番の近道です! 手に職をつけて「自分で稼ぐ力」を身につけましょう!そのノウハウをゼロからお教えします。